本文へジャンプ

社長あいさつ

最高の投資機会を創造する証券会社

CFD取引は、1990年代前半、英国にて、ヘッジファンドや機関投資家向けに開始された取引でした。それが、1990年代後半に入り同国の個人投資家向けに開放されるようになりました。その後、オーストラリア、ドイツ、フランス、シンガポールなどでも開始され、日本では、2005年よりサービスが開始されております。そして、その預かり資産や口座開設数は、年々上昇している傾向があります。

CFD取引がここまで急速に拡大した主な理由は、その“利便性”にあるのではないでしょうか。
CFD取引は、24時間、あらゆる市場で、あらゆる商品が、一つの口座で取引可能となります。

より多くの人たちに
より多くの資産運用の形を

CFD取引には、私どもが掲げるこの企業理念に則したサービスである事から、2009年よりイニシア・スター証券はCFD市場への参入を決意いたしました。
更に、当社ではこの取引における“利便性”に付け加え、3つの“”を心得、サービスの開始をいたします。

  1. 業界“最良”のお客様への投資の啓蒙
  2. 業界“最速”のクイックレスポンス
  3. 業界“最高”の商品設計

お客様に“最高の投資機会を創造する証券会社”として、この激動の世界経済の時代であっても、常に新しいサービスの提供に挑戦し続け、皆様からの更なる信頼を頂けるよう、邁進する所存でございます。これからも、イニシア・スター証券に、より一層のご支援、ご指導賜りますようお願い申し上げます。

イニシア・スター証券株式会社
代表取締役 品野修三



このページのTOPへ