本文へジャンプ

注文の種類と注意事項

成行注文

「成行注文」は価格を設定しない注文で注文入力後にレートの変動があった場合、
約定を優先してその時点のレートで約定します。

このページのTOPへ

指値注文

「指値注文」は、「買いたい価格・売りたい価格」を指定して取引する方法です。例えば、「今より高いレートで売りたい」もしくは「今より低いレートで買いたい」という、今よりも有利な条件で注文を出す場合に使用できる注文方法です。

図:指値注文

このページのTOPへ

逆指値注文

「逆指値注文」は、万が一相場が不利な方向へ推移してしまった場合、ある一定の範囲で損失を限定するために、あらかじめ現在よりも不利な値段で決済注文を出しておく方法です。または、「あの値段を超えたら買いたい」もしくは「あの値段を下抜けたら売りたい」というときに新規注文としても使用できる注文方法です。

図:逆指値注文

※銘柄によっては逆指値注文を発注できない場合もございます。

このページのTOPへ

OCO注文

「OCO注文」とは、2つの注文を同時に出しておき、どちらかが約定すると、もう一方は、キャンセルされる注文方法です。決済注文として使用することで、利益確定の指値と、損失限定の逆指値を組み合わせて注文するなど、様々なケースで利用できます。

図:OCO注文

※銘柄によってはOCO注文を発注できない場合もございます。

このページのTOPへ

IFD注文

「IFD注文」とは、『if done(イフダン)』の略で、「もし成立したら・・・」という意味です。事前に出しておいた注文が相場の変動により成立した場合、その次に出しておいて注文が有効となる注文です。注文自体は指値でも逆指値でも発注できますが、最初の注文が成立しない限り、二つ目の注文は有効となりません。

図:IFD注文

このページのTOPへ

注文の有効期限

指値注文等の有効期限は、期限なし注文(GTC)か一日のみの注文(DAY)の2種類です。

※指数先物CFD、債券CFD、商品先物CFDに関しては、対象原市場の限月が終了する際にGTC注文は自動的にキャンセルされます。

このページのTOPへ

決済方法について

CFD-PROでは反対売買により決済を行います。
「買い」の未決済ポジションを決済するには、当該CFDを売ります。
「売り」の未決済ポジションを決済するには、当該CFDを買います。

例えば、JAPAN225 Index CFDの買いポジションを100CFD保有しているときに、同CFDの売り注文を500CFD注文した場合、上記の買いポジション100CFDが決済され、お客様は新規にJAPAN225 Index CFDの売りポジションを400CFD保有することになります。

このページのTOPへ

両建てについて

CFD-PROでは、同一銘柄の買いと売りを同時に行う(いわゆる両建を行う)ことはできません。未決済ポジションと反対の売買を行った場合、未決済ポジションの全部または一部が決済されます。また、反対売買の数量が未決済のポジションより多い場合は、未決済のポジション全部が決済され、残りは新規ポジションとして新しく建玉されます。

このページのTOPへ