本文へジャンプ

税金・リスク等について

税金について

CFD取引(店頭取引)にて発生した利益は、個人の場合は通常「雑所得」として総合課税の対象となります。反対売買等により年間(1/1~12/31)に確定した売買損益及び金利等を通算して利益となった場合は、総収入金額から必要経費(売買手数料など)を控除した額が課税対象になります。
また、年間の取引の結果生じた利益は他の雑所得の金額と合算されることになり、その最終的な合計額が年間で20万円を超えた場合には、(例えば年間の給与収入額が2,000万円以下の方など、通常は確定申告の必要がない方であっても)確定申告をしなくてはなりません。
法人の場合は、法人税申告時に申告対象額として申告してください。
詳細は、税務所か税理士にご相談ください。

雑所得とは

「所得税法」では、個人の所得を以下の10種類に区分しています。
(1) 利子所得 (2) 配当所得 (3) 不動産所得 (4) 事業所得 (5) 給与所得 (6) 退職所得 (7) 譲渡所得 (8) 山林所得 (9) 一時所得 (10) 雑所得
雑所得は上記(1)~(9)に該当しない所得です。雑所得の中には店頭デリバティブ取引による利益等のほか、公的年金、原稿料、講演料などが含まれます。

  • ※特定口座の取扱はありません。
  • ※雑所得は他の所得(事業所得、一時所得など)と損益通算はできません。
  • ※繰越控除の適用はありません。
  • ※税金に関する詳細は必ず税務署にてご確認ください。
    ⇒国税庁のタックスアンサー( http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
  • ※平成21年より、店頭デリバティブ取引は「支払調書」提出の対象になるため、「支払調書」は証券会社から提出されるようになります。

このページのTOPへ

CFD取引のリスク説明

CFD取引(以下、「本取引」という。)には様々なリスクが存在します。お客様はお取引を開始される前に取引に伴うリスクについて十分にご理解していただく必要がございます。下記の内容をお読みになり、リスクについて理解、納得された上で口座開設の手続きを行っていただきますようお願いいたします。なお、下記のリスクは、CFD取引の典型的なリスクを示したもので、すべてのリスクを示すものではありません。

1.CFD価格の変動リスク

本取引は、原資産となる国内外の株式、株価指数、株価指数先物、債券先物、商品先物、商品現物、外国為替の価格を参照して行う取引であり、当社が提示するCFD価格の変動により損失が生じるリスクがあります。また本取引は、証拠金取引であり、お客様の差入れた証拠金の額に比して取引金額が大きいため、かかるCFD価格の変動により、その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。

2.指標変動を直接の原因として損失が生じるリスク

本取引は、国内外に上場する株式、世界の主要な市場の株価指数、世界の主要な市場に上場する株価指数先物、債券先物、商品先物、商品現物及び外国為替の価格を指標として行われる取引であり、当社が提示するCFD価格はかかる指標を参照して決定されるため、お客様はかかる指標変動を直接の原因として損失を生じるリスクがあります。また本取引は、証拠金取引であり、お客様の差入れた証拠金の額に比して取引金額が大きいため、かかる指標の変動により、 その損失の額が差し入れた証拠金の額を上回る可能性があります。

3.信用リスク

本取引は、当社とお客様との間の相対取引であり、また、当社はお客様との取引から生じるリスクの減少を目的としてカバー取引先である英国のCMC Markets (UK) Plc及び豪州のCMC Markets Asia Pacific Pty Ltd(以下、「CMC社」という。)とカバー取引を行うことから、お客様は当社及びCMC社に対する信用リスクを負うことになります。そのため、当社ではお客様の資産が保全されるようお客様から受け入れた証拠金はお客様を受益者とする金銭信託により自己の資金とは 完全に区分して管理いたします。

4.為替レートの変動リスク

外貨建てのCFD及びFXを取引した場合、取引開始時点の約定と取引終了時点の約定に適用される外国為替レートの変動により多大な損失を被るおそれがあります。

5.スプレッドにかかるリスク

CFDには売値(ビッド:お客様の売り値)と買値(オファー:お客様の買い値)の差(スプレッド)があります。
CFDの新規ポジションを建てられた際には、CFD価格が変動しなかったとしても、このスプレッド分だけ評価損が生じます。また、このスプレッドは、原資産およびCFDの流動性等を勘案し、当社により任意に変更される可能性があります。

6.取引システムリスク

取引システム又は通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

7.流動性リスク

原資産の流動性の低下に伴い当社が提示するCFDの流動性が低下することがあり、取引ができないリスクがあります。
また、重要な企業情報、経済指標の発表、要人発言などにより原資産が売買停止・規制等により取引されない場合、当該CFDの取引が停止になるリスクがあります。また、原資産の取引時間以外に取引されているCFDの場合、 スプレッドが変更されることや、最大注文数量などに制限が加えられる可能性があります。また、相場の急変時等に取引が執行されるまでに思いがけない時間を要することがあります。また、天変地異、戦争、テロ、政変、政策の変更、企業倒産、等の特殊な状況下で特定のCFDの取引が困難または不可能となる可能性もあります。

8.取引・注文に関するリスク

本取引において、損失を限定させるための逆指値注文は、CFD価格が一方向にかつ急激に変動する場合などには、有効に機能しないことがあります。お客様が指定された価格よりも不利な価格で約定する可能性(スリッページの発生)があり、意図せざる損失を被ることがあります。特に、週末の重要ニュースによって前週終値と今週始値の乖離が発生するリスクが高く、週末をまたぐ逆指値注文の利用には注意が必要となります。

9.相対取引にかかるリスク

本取引は、取引所における取引とは異なり当社との相対取引になります。当社がお客様に提示するCFD価格は、原資産の価格を参照して当社が独自に提示する価格であり、原資産の価格で約定することを保証するものではありません。

10.約定遅延リスク

本取引においてお客様の発注した価格が相場状況やお客様の注文数量、通信環境等によって市場レートとの乖離がある場合、約定が遅くなるリスクがあります。

11.金利調整額、配当金調整額及びコーポレートアクションに関するリスク

株式CFD、株価指数CFD、業種セクターCFD、商品現物CFD、FXに関しては、ロンドン時間午後10時日本時間午前7時(ロンドン夏時間においては日本時間午前6時)を超えて保有したポジションに対して金利の受払いが発生します。金利の変動によって、意図せざるコストが発生する可能性があります。また、株式CFD、株価指数CFD、業種セクターCFDにおいては、原資産となる株式のコーポレート・アクションによる株価への影響をCFD価格に反映させるために、配当金調整額等の受払いが生じる可能性があります。そのために意図せざるコストが発生する可能性があります。

12.ロスカット(強制決済)リスク

当社は、お客様の証拠金維持率の70%を下回った場合、お客様に事前に通知することなく、当社の任意により、お客様のポジションの全部または一部を反対売買すること(以下「ロスカット」といいます。)ができるものとします。
ただし、ロスカットはお客様の必要証拠金の70%を保証するものではありません。また、ロスカット発動時に、反対売買によって決済されるべきCFDが取引時間外等により取引できない場合、翌営業日の取引開始を待って決済します。そのため、 その間の相場変動によって損失が拡大するリスクがあります。

13.限月リスク

指数先物CFD、債券CFD、商品先物CFDでは、各CFD銘柄の指標となる当該原市場おいて限月(最終決済をする月)ごとに最終売買日が定められています。当社では当該各原市場の限月ごとの最終売買日に応じて、当該銘柄CFDの最終取引日を任意に定めております。当社が定めた最終取引日までに当該銘柄CFDを決済されない場合には、自動的に次の限月に切替え、この切替える時には限月間の価格差を調整するために価格調整額(限月間スプレッド)の受払いがお客様の計算において発生します。

14.価格の誤表示にかかるリスク

カバー取引先が当社に提示した価格に誤りがあった場合に、誤表示された価格(バグレート)でお客様の注文が約定される場合があります。この場合に当社は、お客様への通知無しに当該約定、また当該約定により発生したポジションの決済注文及び約定を取り消します。誤表示された価格で約定された当初の注文が指値注文または逆指値注文の場合、当該注文は取消となります。誤表示された価格による約定は無効であることに予めご了承下さい。

15.法律、規則、税制の変更に伴うリスク

将来において、国内外のCFD取引にかかる税制、法律、規則等が変更され、現状より不利な取扱いとなる可能性があり、また、当社が提供するCFD取引に関連するサービスの一部又は全部を停止せざるを得ない可能性があります。

このページのTOPへ

重要事項のご説明

CFD取引(以下、「本取引」といいます)を行うにあたっては、以下の契約締結前交付書面(取引説明書、約款)等各書類の内容をよくお読みになり、取引の仕組みや危険性について十分ご理解下さい。

CFDとはContract for Differenceの略称である金融派生商品になります。CFD取引は原資産となる国内外に上場する株式、世界の主要な市場の株価指数、世界の主要な市場に上場する株価指数先物、債券先物、商品先物、商品現物及び外国為替の価格を参照して行われる取引であり、取引開始時点の価格と取引終了時点の価格との差額により決済が行われる差金決済取引です。

CFD取引は、原資産となる株式、株価指数、株価指数先物、債券先物、商品先物、商品現物、外国為替の価格を参照して当社が提示するCFDの価格をお客様との相対で売買する取引であり、かかる原資産の価格の変動によりお客様は損失を被るおそれがあります。また、CFD取引は証拠金取引であり、小額の証拠金を元に多額の取引が可能になるため、多額の利益が得られる可能性がある反面、多額の損失を被る危険を伴い、元本を超過して損失を被るおそれがあります。また、外貨建てのCFDを取引した場合、取引開始時点の約定と取引終了時点の約定に適用される外国為替レートの変動により多大な損失を被るおそれがあります。従いまして、取引を開始する場合又は継続して行う場合には、本書面のみでなく、取引の仕組みやリスクについて十分にご理解し、自己の資力、取引経験及び取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任においてお取引いただくようお願いいたします。

また、CFD取引の取引内容を十分ご理解いただくために本書面の他に、「CFD取引約款」等の書面を交付いたします。これらの書類には、取引の仕組みやリスクなどお客様がお取引されるにあたって大変重要な内容が記載されております。熟読されたうえで、取引の仕組みやリスクを十分にご理解いただき、ご自身の資力と投資経験を考慮のうえ、お取引いただきますようお願い申し上げます。

このページのTOPへ